468x60Jazz
Site Contents Raggae

Black Music Home

Black Music
Album Best 50

2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998

CD Review
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998

CD Search(beta)

Reggae & Jazz

Live Shot

Hip-Hop Magazine Review

Webmaster's Blog

CD online shop list

planet.KY home





 
Sizzla / Stay Focus
[Sizzla / Stay Focus] Sizzlaの2004年秋の作品。1作 : 1プロデューサーの形をとることが多い最近のSizzlaだが、今回ではPhillip "Fattis" Burrellとがっぷり四つに組んでいる。そんなわけで甘さは少なめで、全般的にストレートでハードコア、押しの強いトラックが並ぶ。SizzlaのVoも力強く、特に荒々しさを強調した曲が多い気がする。
Freddie McGregor / Comin' In Tough
[Freddie McGregor / Comin' In Tough] 40年にわたって活動を続ける大ベテランレゲエシンガーFreddie McGregorの3年ぶりの新作。こちらも重鎮のBobby Dixonが半数以上のProduceを手がけているのが目玉であろうが、一体感は文句なしだ。Freddieのほうもゆったりとしたグルーブの上で、時には真摯に、特には余裕で唄いあげていて貫禄十分。ファミリー作もあって、ハートウォームで心が洗われるような作品です。
Sizzla / Soul Deep
[Sizzla / Soul Deep] Sizzlaの2005年最新作。Rise To Occaionに続いてDonovan Bennettに全面プロデュースを任せている。そのDonovanの紡ぎだすR&BっぽいサウンドはUSの一線トラックメイカーと比べても十分に斬新的。逆にSillzaの歌唱はまぎれもなくレゲエの王道で、感情表現に一層の磨きがかかっている。ある意味異質な組み合わせだが、見事にマッチしていて、全く違和感が無く、稀有なケミストリーを生み出している。
Beenie Man / Back To Basics
[Beenie Man / Back To Basics] レゲエ界の第一人者Beenie Manの2004年秋の作品。今回はダンスホール中心で、ヒット曲@がトップに配置されている。R&B, Hip-Hop界からの助っ人もTimabalandくらいで、そのProduce曲もBeenie Manのマナーにあわせている。そんなわけで、単調になりそうなのだが、適度な緩急と楽曲のレベルが高さで容易に全体を聴きとおすことができた。中身がキッチリつまっているアルバム。
Beenie Man / Art & Life
[Beenie Man / Art & Life] 現在のレゲエを代表するトップアーティストの一人Beenie Manの最新作。2面性をもったアルバムになっていて、一つは今のキングストンのダンスホール サウンドを堪能できること。もう一面は数々の異ジャンルからのGuestとの共演を楽しめること。これらが混ざり合って全体的にここちよいグルーブを醸し出している。
[Go Review Page] Sizzla /Good Ways
Morgan Heritage / Don't Haffi Dread [Go Review Page]
[Go Review Page] Bounty Killer / 5th Element
Bounty Killer / Next Milllennium
Jazz
 
Cassandra Wilson / Thunderbird
[Cassandra Wilson / Thunderbird] T Bone BarnettをProducerに迎えたCassandra Wilson の新作。その人脈でMarc RibotやJim Kenltnerなどもバックで支えていて、この辺が目新しい部分である。サウンド的には、ギターがフィーチャーされた音数の少ない生音主体のものが多く、もちろんスロー中心ということになる。若干プログラミングも使われているようだが、ほとんど目立たない。トラディショナルな曲も印象的で、音楽の幅が少ない分、ルーツ志向はさらに強まっているようで、もうJazzと言い切れるような曲は存在しなくなった。
Cassandra Wilson / Belly Of The Sun
[Cassandra Wilson / Belly Of The Sun] Cassandra Wilson の2002年春の作品。Blue Noteに移籍してもう5作目となる。オリジナル曲は4曲で、あとはカバーとなる。アコーステイックな演奏陣に支えられて、ブルース,フォーク,ブラジル,ジャズなどのジャンルからピックアップされた作品を穏やかに歌い上げている。ブラジル2曲はあるもののこれぞアメリカンニュールーツミュージックという感じがする。
James Carter / Layin' In The Cut
[James Carter / Layin' In The Cut] James Carterは現在Jazz界で、わざわざCDを買おうという気になる数少ないSax奏者。今回は2枚同時リリースなのだが、こちらはアバンギャルドなほう。(ちなみにもう一方はジャンゴ ラインハルトへのトリビュート)。Personelからも判るようにオリジナルの全編エレクトリックジャズ。激しく強引なファンクは聴き応え十分。
[Go Review Page] Cssandra Wilson / Traveling Miles
 
 
  Email: info@planetKY.com
Copyright © 1998-2017 planet.KY. All rights reserved.