Skip to main contentBlack Music Album Review

ブラック・パワーに捧ぐ / 編集人 野田努, 小林拓音

Book Review

ブラック・パワーに捧ぐ

Black Power In 2020

編集人

野田努, 小林拓音


出版社

(株)Pヴァイン


ページ数 / サイズ

191ページ / 14.9 x 1.2 x 22.1 cm


発売日

2020/9/9


定価

1800円(税抜き)

- 世界はなぜ黒い物語を必要とするのか -
大きなうねりとなった2020年のBLM運動に呼応して、黒人文化やアメリカにおける歴史、運動を広く特集した本。 音楽だけをとりあげているのではないが、大きく紙面が割かれている。
その音楽面では、2010年代ブラック・ミュージックの50枚、2010年代デトロイトの50枚、コンシャス・ラップの30枚といったアルバムガイド、 Nina Simmon、John Coltraneから、Geourge Clinton, Princeにいたるまでのミュージシャンについてのコラム、 Jeff Millsのインタビューなどが掲載されている。(どうも黒人運動の中心としてデトロイトに焦点をあてているようだ。)
音楽以外には、活動家、思想家のインタビュー、コラム、代表的な小説や映画についてのコラムも。 さらに文化面以外では、BLM運動や、奴隷制度に遡ってからのアメリカ黒人の歴史といったシリアスな内容も、含まれている。 これを読めば、アメリカ黒人の歴史と今が判るとまではいえないが、その一辺と苦悩がすこしでも認識できると思う。